日本船主協会

トップページ環境問題>環境インフォメーション

海運業界の取り組み 海運企業の取り組み 海運業界と環境問題

1.シップリサイクリング

1 2

(1) (2) _1 _2・3 (3)_1 _2

(1)概要

 老朽船は安全運航対策上、市場からの早期撤退すなわち解撤(スクラップ)が要請されている。船舶の場合、解撤による鋼材や部品のリサイクル(再利用)率が90%以上と、自動車や家電と比較して極めて高く、解撤の促進は、海洋環境の保全とともに資源の有効利用という点でも意義が大きい。このため、最近では「船舶解撤」あるいは「スクラップ」に代わって「シップリサイクリング」という用語が使用されるようになった。