日本船主協会

トップページ環境問題>環境インフォメーション

海運業界の取り組み 海運企業の取り組み 海運業界と環境問題

H:その他

1 2 3 4

(1) (2) (3)

2.ISO 14000

 ISO14000シリーズは環境マネジメントシステムとよばれ、1996年に制定された。この規格は、1989年の「エクソン・バルディーズ号(Exxon Valdez)」の座礁事故をきっかけとして意識が高まった、環境に対する企業の説明責任問題に端を発している。その後、地球温暖化やオゾン層破壊といった地球環境問題を議題として1992年6月にブラジルのリオデジャネイロにおいて開催された「環境と開発に関する国連会議(地球サミット)」を経て制定された。
 なお、「エクソン・バルディーズ号」の石油流出事故の教訓をもとに、米国の民間団体「環境に責任を持つ経済機構のための協議会(CERES)」が、企業の環境問題への対応について10項目からなる「バルディーズ原則」と呼ばれる原則を作成し、1989年7月に公表している(注:1992年4月に改訂され、現在は「セリーズ原則」とよばれている)。

■資料1:セリーズ原則(旧バルディーズ原則)要旨