日本船主協会

トップページ環境問題>環境インフォメーション

海運業界の取り組み 海運企業の取り組み 海運業界と環境問題

H:その他 2.ISO 14000

1 2 3 4

(1) (2) (3)

(2)環境マネジメントシステムの概要

 環境マネジメントシステムは、環境に視点を置いたけ経営管理システムであり、組織が環境に与える影響を把握し、環境負荷を低減させるための方針と目的、目標を設定し、これを実現するために必要な仕組みを作り、活動計画を立案し(Plan)、実行し(Do)、その結果を評価し(Check)、見直す(Action)というPDCAサイクルで、環境負荷低減のための諸活動を推進することといえる。
 ISO 14001は、ISO 9000(品質保証に関する規格)に続き、経営システム規格として制定されたものであるが、ISO14001とISO9000の最大の違いは、ISO9000が利害関係者(stakeholder)が顧客、従業員等に限られているのに対して、ISO14001の場合は、周辺住民、消費者、顧客、関連事業者、出資者、保険業者、マスコミ、NGO、行政、従業員と多岐に亘ることから、多くの利害関係者とのコミュニケーションが重要となる。

■資料2:環境マネジメントシステム概念図
■資料3:ISO 14000の概要