日本船主協会

トップページ環境問題>環境インフォメーション

A:海洋環境
1.油による汚染防止(附属書 I)
■資料8:世界の船舶による主な石油流出事故一覧

世界の船舶による主な油流出事故一覧(1967年以降)

発生日

船名

建造

船籍

DWT

流出量

場所

原因

1979.7

ATLANTIC EMPRESS

1974

ギリシャ

297,360

270,000

西インド諸島ドバコ島沖

衝突

1983.7

CASTILLO DE BLEVER

1978

スペイン

274,540

250,000

南アフリカ西岸

火災爆発

1978.3

AMOCO CADIZ

1974

リベリア

237,000

221,000

フランス大西洋
ブルターニュ

船体破損

1988.1

ODDYSSEAS

1975

ギリシャ

138,390

132,000

大西洋・カナダ
ニューファンドランド

火災爆発

1972.12

SEA STAR

1968

韓国

122,230

123,000

中東・オマーン

衝突

1967.3

TORREY CANYON

1959

リベリア

118,280

118,000

イギリス南岸

座礁

1976.5

URQUIOLA

1973

スペイン

111,000

111,000

スペイン北岸コルソナ

座礁

1977.2

HAWAIAN PATRIOT

1965

リベリア

99,450

95,000

ハワイ島

船体破損

1979.11

INDEPENDENTA

1978

ルーマニア

152,400

95,000

トルコ・ボスボラス

衝突

1993.1

BRAER

1975

リベリア

88,300

86,800

英国北方シェトランド島沖

座礁折損

1989.12

KHARK-5

1975

イラン

284,632

76,000

モロッコ

火災

1996.2

SEA EMPRESS

1993

リベリア

147,270

72,000

英国・西沖合

座礁

1974.11

第10雄洋丸

1966

日本

52,800

42,000

東京湾(LNG・ナフサ)

衝突火災

1989.3

EXXON VALDEZ

1986

アメリカ

211,469

36,000

アメリカ・アラスカ

座礁

1991.5

ABT SUMMER

1974

リベリア

267,800

26,000

アンゴラ(ルアンダ)

火災爆発

2002.11

PRESTIGE

1976

バハマ

81,584

25,000

スペイン・ガルシア

折損沈没

1999.12

ERIKA

1974

マルタ

37,283

20,000

フランス沖合(重油)

折損沈没

1997.1

NAKHODKA

1970

ロシア

19,968

4,500

日本海鳥取沖(重油)

折損沈没

注1:主として石油タンカーであるが、一部兼用船を含む。
注2:流出量7万トン以上を対象とした。但し、被害が大きいなど社会的影響の大きいものはこれに含めた。