JSA 社団法人日本船主協会
文字サイズを変更する
小
中
大

Homeプレスリリース&トピックス2008年 > 第5回「外航日本人船員(海技者)確保・育成推進協議会」の開催結果について(9月30日)

プレスリリース

2008年9月30日
社団法人日本船主協会
(企画部)

第5回「外航日本人船員(海技者)確保・育成推進協議会」の開催結果について

(社)日本船主協会、全日本海員組合及び国土交通省は、9月29日(月)、第5回「外航日本人船員(海技者)確保・育成推進協議会」(以下「協議会」という。)を開催した(別添1参照)。

今次協議会では、外航日本人船員(海技者)確保・育成スキーム1期生について、3名が海運会社(含む外航1 社)への就職が決まり、6名が乗船育成期間(2年目)へと移行することが報告された。2期生17名については、10月6日(月)に海技大学校において出帆式を行うことを確認した(別添2参照)。3期生については、引き続き募集を行っていくことを確認した。

以上

第2回「外航日本人船員(海技者)確保・育成推進協議会」に関する問い合わせ先

(社)日本船主協会03-3264-7180 常務理事 企画部長 園田
全日本海員組合03-5410-8320 国際局外航部長 牧添
国土交通省(代表)03-5253-8111(内線45115)海事局海事人材政策課 中村

外航日本人船員(海技者)確保・育成スキームに関する問い合わせ先

(財)日本船員福利雇用促進センター(SECOJ)育成部 TEL:03-3544-7706

別添1

第5回外航日本人船員(海技者)確保・育成推進協議会出席委員

飯塚 孜日本船主協会副会長
園田 裕一日本船主協会常務理事企画部長
牧添 正信全日本海員組合国際局外航部長
蝦名 邦晴国土交通省海事局海事人材政策課長

以上

別添2

外航日本人船員(海技者)確保・育成スキーム第2期生出帆式

1.日時: 平成20年10月6日(月)14:10〜

2.場所:(独)海技教育機構海技大学校(兵庫県芦屋市) 本館講堂

3.式次第:

  • 1.開式の辞
  • 1.君が代吹奏
  • 1.第2期生点呼
  • 1.外航日本人船員(海技者)確保・育成推進協議会式辞
    国土交通省海事局海事人材政策課長蝦名邦晴
    (社)日本船主協会副会長飯塚孜
    全日本海員組合国際局長池田秀男
  • 1.第2期生代表宣誓
    藤岡佐利
  • 1.閉式の辞
  • 1.壇上撮影

4.取材要領について

(1) 原則として、事前登録のうえ公開します。
※ 傍聴を希望される方は、10月2日(木)17時までに、(財)日本船員福利雇用促進センター(SECOJ)育成部(03-3544-7706)まで、社名、所属、氏名及び連絡先を登録して下さい。
※ なお、会場の都合により、登録に応じることができない場合もありますので、あらかじめご了承願います。

(2) 録音及びカメラ撮りは可能。更に、式終了後、第2期生の壇上撮影を行います。なお、携帯電話及びポケットベルの呼び出し音のスイッチは必ず切っておいて下さい。

以上

  • オピニオン
  • 海運政策・税制
  • 海賊問題
  • 環境問題
  • 各種レポート
  • IMO情報
  • ASF情報
  • 海事人材の確保