JSA 社団法人日本船主協会
文字サイズを変更する
小
中
大

Homeプレスリリース&トピックス2008年 > 協議会(安全)について(10月27日)

プレスリリース

2008年10月27日
外航労務部会
全日本海員組合

協議会(安全)について

 外航労務部会と全日本海員組合(以下組合)は、10月24日に協議会(安全)を開催し、アデン湾における海賊問題について協議を行った。
 協議会においては、組合より協議会開催の趣旨説明の後、アデン湾における海賊被害の現状、及び船主協会並びに各社における対応を踏まえて協議し、以下の合意に達した。

1. 「注意海域」の設定
 次の4点を結んだ線で囲まれる海域を「注意海域」とする。
(1) 北緯12度13分、東経43度39分
(2) 北緯15度22分、東経53度10分
(3)北緯11度00分、東経44度05分
(4) 北緯14度10分、東経54度00分

2. 原則として、有志連合軍(CTF150)が設定する「安全回廊」を航行
3. 「注意海域」の入出域日時の共有
4. 「注意海域」を通過する期間中、特別慰労金を支給
5. 情勢の変化に応じ、速やかに協議会を開催
6. 適用開始日
 平成20年10月7日

以上

本件に関するお問合せ先 外航労務部会 (事務局 日本船主協会 海務部(労政担当))

TEL:03-3264-7178   FAX:03-3262-6767

全日本海員組合 国際局外航部

TEL: 03-5410-8320   FAX: 03-5410-8336

  • オピニオン
  • 海運政策・税制
  • 海賊問題
  • 環境問題
  • 各種レポート
  • IMO情報
  • ASF情報
  • 海事人材の確保