JSA 社団法人日本船主協会
文字サイズを変更する
小
中
大

Homeプレスリリース&トピックス2009年 > アデン湾における海賊対処のための海上警備行動発令に対する会長コメント(3月13日)

プレスリリース

2009年3月13日
社団法人日本船主協会
全日本海員組合

アデン湾における海賊対処のための海上警備行動発令に対する会長コメント

本日、アデン湾における海賊対処のため海上警備行動が発令され、海上自衛艦がアデン湾へ派遣されることとなったことに対して、当協会 前川弘幸会長のコメントを添付のとおりお知らせします。

以上

本件に関するお問合せ先 社団法人 日本船主協会 海務部

Tel:03-3264-7177 (e-mail:mar-div@jsanet.or.jp) 斎藤


2009年3月13日

アデン湾における海賊対処のための海上警備行動の発令および海賊新法の閣議決定に対する前川会長コメント

社団法人 日本船主協会
会 長 前川 弘幸

本日、浜田靖一防衛大臣より、アデン湾における海賊対処のため海上警備行動が発令され、海上自衛隊艦船が、明日3月14日、アデン湾へ向け出港することとなりました。

アデン湾における海賊事件は、無辜の民を人質に身代金を強奪するという極めて卑劣な犯罪行為であり、当協会は、わが国商船隊の安全確保のため、効果的かつ具体的な対策を早急に講じて欲しい旨、昨年よりわが国政府へお願いしてまいりました。難しい課題であるにもかかわらず短期間でわが国艦船が派遣されることになりましたことは、国会関係の方々およびわが国政府ご当局の海運業界に対するご理解と多大なるご尽力の賜物であると、改めて深く感謝申し上げます。

現行法の枠内の派遣では、自衛艦が十分に活動できないことに懸念の声がございますが、エスコートだけでも海賊行為の抑止に大きな効果が期待でき、現場の乗組員にとっての安心感は計り知れないものがあると考えております。
 アデン湾へ赴く自衛隊員および海上保安官の方々には、前例のない任務でありご苦労・ご心配も多いかと拝察いたします。わが国の人命・財産を保護するための尊い任務であり、皆様のご活躍とご安航を祈念いたしております。また、本日、海賊対処のための新法案が閣議決定され、国会に提出されると聞いております。この法律により、わが国商船隊の太宗を占める外国籍船や外国人船員のより効果的かつ適切な護衛が可能になるとともに、海上における船舶航行の安全確保にわが国が積極的に貢献できることにもなります。同法案の早期成立を強く期待しております。

  • オピニオン
  • 海運政策・税制
  • 海賊問題
  • 環境問題
  • 各種レポート
  • IMO情報
  • ASF情報
  • 海事人材の確保