日本船主協会

トップページ海と船のQ&A

海と船のQ&A part2:船
前 目次 次
Q9:船の大きさ:トン数とは?
 トン数には、目的によってさまざまな種類があります。良く使われるトン数としては、「総トン数」(G/T)と「載貨(さいか)重量トン数」(D/W)があります。その他には、純トン数、排水トン数、パナマ運河トン数、スエズ運河トン数などがありますが、詳しくは、「海運関係用語集」を参照して下さい。
 ここでは、「総トン数」と「載貨重量トン数」について比較してみましょう。まず、総トン数は、船の“容積”に係数を掛けた数字で表わされますから、総トン数が大きいほど“大きな船”ということになります。また、載貨重量トン数は、その船が積むことのできる貨物の重量を示しています。ですから、同じ大きさ(総トン数)の船でも、積みこむ貨物の種類(重さ)や船の構造、貨物の積み方によって積める貨物の重さ(載貨重量トン数)が異なってきます。

船の種類による総トン数(国際総トン数)と
載貨重量トン数の関係(参考例)
船(貨物)の種類 総トン数(トン) 載貨重量トン数(トン)
油タンカー(原油) 133,356 235,571
鉱石専用船(鉄鉱石) 113,606 225,920
LNG船(液化天然ガス) 112,069 71,526
油タンカー(原油) 55,048 94,334
石炭専用船(石炭) 55,130 87,097
コンテナ船(コンテナ) 51,047 58,593
コンテナ船(コンテナ) 35,234 33,064
自動車専用船(自動車) 32,652 15,341
客船(人) 28,856 3,827
海
船
航海
海運と貿易
こちらもご覧ください
海運ゼミナールより
「トン」の由来は酒樽を叩いた音(001)
トンはトンでも中身はさまざま(017)
「ノアの箱船」は、にっぽん丸に匹敵する大きさだった!(025)
「2乗3乗の法則」でわかる大型化で輸送効率が高まる理由(224)
不幸な運命を背負った巨船「グレートイースタン」(238)

参考文献
●総トン数は船の全体の容積を表します。
総トン数


●載貨重量トン数はその船が積める貨物の重さ
載貨重量トン数