日本船主協会

トップページ海と船のQ&A

海と船のQ&A part3:航海
前 目次 次
Q27:航路(こうろ):海にも道がある?
 東京湾もとても広い海ですが、喫水(きっすい・海面下に沈んでいる船の深さ)が20mもあるタンカー、鉱石専用船、コンテナ船などのような大型船が通ることのできる部分は限られています。また、湾内には浅瀬や障害物があり、潮流による影響もあります。何よりも湾内や瀬戸内海などには大きな港がたくさんあって多くの船が出入りするために、船舶の交通が輻輳(ふくそう・混雑)します。
 このため、東京湾のほか、伊勢湾や瀬戸内海には、大型の船が安全に航行できるように海の道「航路」が定められていて、この航路の中を通航するようになっています。
 その他に、横浜港と神戸港、横浜港とサンフランシスコ港などのように、港と港を結ぶルートも「航路」と言います。船は2つの港を結んで安全に航海することができる最短の航路を航海しますが、航路上の天候(海象(かいしょう)、気象)や地域紛争の発生などによって航路を変更することもあります。また、50万トンもある巨大なタンカーが、ペルシャ湾から日本に原油を運んでくる時には、喫水が大き過ぎてマラッカ海峡を通れないためにロンボク海峡を通る航路を遠回りすることになります。また、喫水(きっすい)や船幅(せんぷく)が大きいためにパナマ運河やスエズ運河を通ることができない場合なども遠回りの航路を選ばなければなりません。

海
船
航海
海運と貿易
こちらもご覧ください
海運ゼミナールより
海の上にも国道がある!?(103)
バスコ・ダ・ガマより早かったフェニキア人のアフリカ周航(157)
スペイン人が見つけた16世紀の太平洋大圏航路(262)
大航海時代に先駆けたイスラム系民族の海の覇権(274)

参考文献
ロンボク・マカッサル海峡ロンボク海峡