日本船主協会

トップページ海と船のQ&A

海と船のQ&A part4:海運と貿易
前 目次 次
Q53:国内の海上輸送:内航(ないこう)船の役割は?
 内航船(国内航路の船)は、国内の貨物を積んで国内だけを航海します。内航船は、国内輸送量の約40%(トンキロベース)を運んでいますが、特に、石油製品や石灰石、鉄鋼、セメントなどの産業基礎物資について見ると、その80%以上を運んでいます。
 ナフサやガソリン、灯油などの石油製品はプロダクトタンカー(単に油タンカーとも言います)で、キシレンやベンゼンなどの化学薬品はケミカルタンカーで輸送されます。また、石灰石やセメントは、これらの貨物を専用に運ぶ石灰石専用船、セメント専用船が使われます。
 鋼材やコイルなどの工業製品は一般貨物船、自動車は自動車専用船が運んでいます。さらに、RORO船(貨物フェリー)は、国内各地を結び、荷物を積んだトラックやトレーラーをそのまま積み込んで輸送しています。最近は高速化が進み、北海道や九州で収穫された新鮮な野菜や牛乳が、その日の内に東京や大阪に届けられています。
 その他にも、内航船には輸送する貨物の応じてさまざまな種類があります。また、内航船や鉄道は、少ない燃料で大量の貨物を運ぶことができることから、環境に優しい輸送手段として注目されています。

海
船
航海
海運と貿易
こちらもご覧ください
海運ゼミナールより
日本列島の物流を支える海の大動脈、内航海運(033)
菱垣廻船や樽廻船はわが国最初の定期船オペレーター(122)
内航貨物船のメリットは省エネ、省力、低公害(129)

参考文献
国内むけの貨物を積んで活躍するRORO船
RORO船