日本船主協会

トップページ海と船のQ&A

海と船のQ&A part2:船
前 目次 次
Q13:船の動力:船のエンジンにはどんな種類がある?
 商船の場合は、熱効率が優れた(燃費が良い)ディーゼル機関を採用しているものがほとんどです。
 以前は、大きな出力(馬力)が得られ、振動も少なく、保守(メンテナンス)も容易というメリットから蒸気タービン機関も広く採用されていました。しかし、同じ出力を得るためにディーゼル機関の約2倍も燃料を消費するという燃費の悪さから、1973年と1979年のオイルショックを契機に燃料油の価格が大幅に上がってからは、ほとんど採用されなくなりました。
現在でも、LNG(液化天然ガス)船は、蒸気タービン機関を採用しています。これは、航海中に積み荷のLNGが蒸発してガス(ボイルオフガス)が発生するために、このガスを蒸気タービン用のボイラーで燃やして安全に処理する必要があるからです。蒸気タービン機関の燃料は、通常C重油ですが、LNG船の場合はボイルオフガスも燃料として有効利用しています。
 この他にも、船の種類(目的)や大きさによって、人力、風力、電気、原子力などさまざまな動力が使われています。

海
船
航海
海運と貿易
こちらもご覧ください
海運ゼミナールより
タービンの出現ではじまった蒸気船スピード狂時代(005)
船のエンジンは丈夫で長持ち(077)
電気で走る南極観測船「しらせ」(116)
舶用ディーゼル機関は低速回転が有利(165)
大航海時代の幕開けに活躍したポルトガルの秘密兵器-カラベル船(183)
三十石船は大阪と伏見を結んだ江戸時代の水上バス(190)
かけがえのない地球との共存を目指す海運の公害対策(237)
風、波、太陽光を利用する未来の超省エネシップ(258)
東洋で生まれた櫓は世界に誇れる人力推進法(303)
新鋭船シリーズ
NYK ANTARES(NYK:コンテナ船)
GOLDEN GATE BRIDGE(KL:コンテナ船)
ほっかいどう丸(川崎近海汽船:貨物フェリー)

参考文献
鳥羽商船高等専門学校・鳥羽丸のエンジン
鳥羽丸