日本船主協会

トップページ海と船のQ&A

海と船のQ&A part3:航海
前 目次 次
Q34:船の通信:陸上との通信はどうしているの?
 沿岸を航海している時には携帯電話を使うこともできますが、外洋を航海中にはそうもいきません。外国航路を航海する船は、赤道上空に打ち上げられた通信衛星(インマルサット)を使って、電話やFAX、テレックスなどによる通信を行っています。最近では、衛星を使ってパソコンによるデータ通信も行われるようになってきました。以前は、外国航路というとSOSなどで有名な無線電信(モールス信号)でしたが、1999年2月からは衛星を使った通信に全て切り替えられています。
 また、50海里(約92km)程度の近距離の通信には、世界共通の通信手段として利用される「国際VHF(超短波)無線電話」が良く使われます。付近の船舶と交信する時や「海上交通センター」など陸上の施設との連絡用のほかに、海上保安庁などから気象情報や航行警報などの連絡を受ける時にも利用されています。船が設置しなければならない無線設備の種類は、航行する海域に応じて決められています。
 船と船、あるいは、船と陸との通信には、衛星や無線のほかに、旗(旗旒(きりゅう)信号や手旗信号)や光(発光信号)などを使う方法がありますが、会話(双方向の通信)の手段としては一般的ではありません。

海
船
航海
海運と貿易
こちらもご覧ください
海運ゼミナールより
GMDSSの導入で使命を終えるモールス信号「SOS」(067)
意外に簡単!陸から船への電話のかけ方(123)
無法状態で始まった初期の無線通信(193)
国際信号旗は船舶同士の重要な通信手段(200)
海から空へ、そして陸へ利用が広がるインマルサット(234)
「SOS」の意味は「Save Our Ship」??(264)

参考文献
船の通信は、4台の通信衛星(インマルサット)が使われています。