日本船主協会

トップページ海と船のQ&A

海と船のQ&A part3:航海
前 目次 次
Q39:パイロット:パイロットの役割は?
 船は、世界中の海を航海していろいろな港に寄港します。目的の港に安全に早く到着するために、海図を使って航路を決め、船の位置を確かめながら航海を行います。さらに、予定した航路上にある島や山などの目標物や、海域ごとの海流や潮流、風などの気象状況を説明した「水路誌」や港ごとに毎日の潮汐や潮流を表した「潮汐表」などの参考資料も利用して安全な航海を続けますが、ベテランの船長といえども、世界中の港について熟知している訳ではありません。
 そこで、操船(船の操縦)の難しい海域や港には、その場所の事情に詳しく、船長に代わって船を指揮することができる人がいます。この人たちをパイロット、或いは水先(みずさき)案内人と呼び、パイロットが仕事をする海域を水先区といいます。
 水先区は世界中にありますが、日本には39の水先区があります。この内、船が輻輳(ふくそう・混雑)するなどして操船が難しい11の水先区については、「強制水先区」といって、法律でパイロットの乗船が義務付けられています。

海
船
航海
海運と貿易
こちらもご覧ください
パイロットの仕事と役割:日本パイロット協会
海運ゼミナールより
パイロットは安全運航を支える特定水域の超エキスパート(102)
時代によって変わってきた「パイロット」の意味(279)

参考文献
船の安全を守るパイロット(一番右がわ)
パイロット